www.koutaroinoue.com

 
 

STATMENT

 
私にとって”夢”とは不自由な、そして理解し難く、
次の瞬間何が起こってもおかしくないような世界である。
現実には、それを想起させる場面や光景に瞬間的に出会すことがある。
まるで暗闇の中でパッとスポットライトが照らされるように。
それらの場面や光景は何も語らないし、感情さえも見出だせない。
ただ私自身が受動的に出会されるのである。
私はそれらを絵画という手法で表している。
 
 
 
It is difficult to change and understand dreams.
They may depict a terrible world or situation that may occur in the future.
In fact, when I momentarily encounter a future situation or sight that reminds me
of a dream, it appears to be lit up by a spotlight in the dark.
These sights symbolize nothing, not even a sentiment. However,
I only passively encounter myself through them; I try to represent this
through my painting.